2730円 Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 AGM 液入り充電済み 台湾YUASA 第2ブランド 車&バイク バッテリー バイクバッテリー Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 毎日続々入荷 液入り充電済み AGM 台湾YUASA 第2ブランド 第2ブランド,Toplite,バイク用耐震バッテリー,台湾YUASA,izzatrahmat.com,液入り充電済み,シールド型,2730円,AGM,/allothigenetically1818789.html,YTX9-BS,車&バイク , バッテリー , バイクバッテリー,台湾ユアサ 2730円 Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 AGM 液入り充電済み 台湾YUASA 第2ブランド 車&バイク バッテリー バイクバッテリー Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 毎日続々入荷 液入り充電済み AGM 台湾YUASA 第2ブランド 第2ブランド,Toplite,バイク用耐震バッテリー,台湾YUASA,izzatrahmat.com,液入り充電済み,シールド型,2730円,AGM,/allothigenetically1818789.html,YTX9-BS,車&バイク , バッテリー , バイクバッテリー,台湾ユアサ

Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS ブランド買うならブランドオフ バイク用耐震バッテリー シールド型 毎日続々入荷 液入り充電済み AGM 台湾YUASA 第2ブランド

Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 AGM 液入り充電済み 台湾YUASA 第2ブランド

2730円

Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 AGM 液入り充電済み 台湾YUASA 第2ブランド


商品の説明

【Toplite(トップライト)】YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 AGM 液入り充電済み 台湾YUASA 第2ブランド

耐久性amp;コストパフォーマンスを追求した世界品質のバイクバッテリー

台湾ユアサのメーカーが台湾市場向けから世界市場に向けて開発したブランド。
それが「Toplite(トップライト)」です。

高品質を維持しつつ世界環境の変化に対応したグローバル品質。
始動性と耐久性、耐震性を追求したバイク用バッテリー

ハイテクAGM(Absorbant Glass Mat) 密閉型電池

長寿命:活物質の鉛ペーストは完全に電解液の(ガラス繊維の)セパレーターに吸着しているので、簡単に剥がれないため、電池の寿命を延ばします。
更に高い電流出力:安定した循環充放電能力と、良い低温起動力:高性能な極板を持ち、CCA放電能力を増強できます。
電解液の外部への漏れを防ぐ:電池内部の電解液はすべて吸着されているので、滲みや液漏れを防げます。

▼メンテナンス不要
本シリーズの製品は充電の時にできた水素が陰極に吸着されて、さらに電解液に還元されます。
そのような気体吸収タイプの構造の為、使用中液面を確認する必要が無く、水を足す必要もございません。
同時に、充電中電池の内部に気体の発生があるので、安全弁装置を設けます。この安全弁は内部圧力の増加による電池の破壊を防ぎ、一定の内部の圧力が起きた時に作動して、順調に気体の排出をさせるようにしています。

▼液漏れ防止構造
電池の電解液は微細なガラス繊維の綿に保持されているため、激しく操作している車両の場合でも液漏れのトラブルなどは心配いりません。
ガラス綿はガラス繊維が交錯して織り込まれて積まれていて、さらに接着剤で一枚一枚のように組み合わせしている為、耐酸化性と、耐薬性があり、また電気絶縁の働きを持ちます。

▼高い始動性能
高性能な合金極板を使用している為、低温の環境でも良好なエンジン始動が得られます。


▽使用上の注意▽

  • 傾斜搭載でのバッテリー取り付けは不可となります。(予めご了承下さい。
  • ご利用の際は、商品に同梱の取扱説明書をご確認頂き、正しくご利用下さい。
  • お買い求めの前に、必ず車両に搭載されているバッテリーの形式をご確認ください。
  • バッテリーは、車両の年式、仕様により適合しない車種が有りますので、現車のバッテリー形式、及び適合表などで確認の上、お選び下さい。

付属品
・取り付けボルト、ナット
・保証書(240日メーカー保証)

Toplite 台湾ユアサ YTX9-BS バイク用耐震バッテリー シールド型 AGM 液入り充電済み 台湾YUASA 第2ブランド

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。